株価が上がっている会社について調べてみた。

なぜこの会社の株価が上がっているのか?ちょっとだけ調べてみます。

    タグ:上がる株

    久しぶりのバージョンアップです。
    株の買い時.com  に酒田罫線の自動検出処理を入れました。

    酒田罫線といえば、江戸中期に米相場の神様として名高い、本間宗久が編み出した「酒田五法」をもとに作られた「ローソク足の見方(チャート分析)」です。
    本間宗久はその著書の中で、「相場を動かすのは、心(投資家の心理)だ」と言っています。 
    まさに投資家心理によって、その後の株価の動きを推測する手法です。
    ここ2週間ほどテスト環境で 動作確認していましたが、なかなか性能が良いシグナルです。

    酒田罫線の説明もこちらの記載してあるので、ご覧ください。
    ローソク足の見方(酒田罫線)

    株式投資情報を掲載サイト「株の買い時.com」で過去の株価の動きが確認できるようになりました。

    例えば株を買おうとするとき、その株が震災やテロなどに強いかどうかなど、過去の事件発生時の株価の動きを見て、ある程度予想することができます。

    以下は東日本大震災発生後の「あさひ」の値動きです。
    震災直後は下ひげが伸びて大きく下落していますが、その後すぐ通常のトレンドに回復したことがわかります。
    この時は震災の影響で自転車の需要が増えたわけですが、それだけでも災害には強い銘柄だということがわかりますね。

     東日本大震災-あさひ

    株式投資情報を掲載サイト「株の買い時.com」の株価分析チャートに、スロー・ストキャスティクスによる反転目安の検索機能がつきました。

    前回株価が反転した時のスロー・ストキャスティクスは、次回の株価反転の目安になります。

    そのため現在のスロー・ストキャスティクスがその目安に達していない時には、まだ株価が下がる余地があると判断できます。

    さらにこのパターンを知っておくと、株価が急に下がってサポートラインに達しても、スロー・ストキャスティクスが反転目安に達していない時は、通常の下降ではなく集団心理による下降であると判断できます。
    参考にしてみてください。 

    反転目安


     

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。
    本日の気になる企業は「(株)コスモス薬品(東証1部3349)」です。

    ホームページはこちらです。

    (株)コスモス薬品


    中国経済への懸念、原油価格の下落などにより、年明けから株価の下落が目立っています。
     
    (株)コスモス薬品に至っても、最近では1/20に移動平均線を下回るなど、大きく下落しましたが
    01/22に反転と判断して、株の買い時.com買い時を検出。

    現在は上昇に転じており、先週金曜日には大きく株価を上げています。

    5月末日には権利確定日を控えているので、すぐ買わないにしても注目しておくと良い銘柄だと思われます。

    <株の権利確定日>
    権利付き最終日前(権利確定日の3営業日前)には株価が高騰する場合あり。
    権利落ち日(権利付き最終日の翌営業日)に株価は下落します。

    さて、(株)コスモス薬品の企業情報ですが、九州地方から西日本を中心としたディスカウントやドラッグストアを展開しています。

    季節的にも風邪やインフルエンザが流行っているので、大きな需要がある時期ですし、
    円高追い風(安く仕入れられる)にもなりそうですね。

    このページのトップヘ