株価が上がっている会社について調べてみた。

なぜこの会社の株価が上がっているのか?ちょっとだけ調べてみます。

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。
    本日の気になる企業は「アンリツ(株)(東証1部6754)」です。

    ホームページはこちらです。

    アンリツ(株)


    株の買い時.com では12/15に押し目で買い時を検出。

    その後に下降して、サポートラインあたりで数日間もみ合ったあと、反転上昇に転じています。
    まさに、現在上昇トレンド中の銘柄です。

    株を買ってから、数日間株価が下がることはよくあります。
    株の格言「頭と尻尾はくれてやれ」のように、あるていどの値下がりは許容しなければいけません。

    ただし、サポートラインや移動平均線を下回って数日しても、上昇しない場合には
    損切りするという勇気が必要です。


    さて、アンリツ(株)の企業情報です。

    アンリツ(株)は、通信系の計測器に強い企業です。
    携帯電話や基地局など、インフラ機器も展開しています。

    事業内容としては、ざっくり以下のような事業を展開しています。

    ・電子計測器
    ・RF/マイクロ波コンポーネント
    ・異物・質量検査、計量機器
    ・情報通信機器
    ・光デバイス、高速電子デバイス


    とくに電子計測器事業では、2015年10月に、ソフトバンク社が、アンリツのモバイル端末テストシステムを認証するなど
    その技術を高く評価されています。

    そのほか、コネクテッド・カーや自動走行など、オートモーティブに関する取り組みなども始めています。
    今後も期待できる企業ですね。

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。
    本日の気になる企業は「タイガースポリマー(株)(東証1部4231)」です。

    ホームページはこちらです。

    タイガースポリマー(株)


    株の買い時.com では12/15に押し目で買い時を検出。
    現在は小さな上昇と下降を繰り返しながら、上昇トレンドを形成しています。

    短期の移動平均線の動きから、もうすぐゴールデンクロスを迎えそうな流れです。



    さて、タイガースポリマー(株)の企業情報です。

    タイガースポリマー(株)は、自動車部品用成形品、ゴムシート、ホース製品の大手企業です。
    さらに、家電用ホースや、住宅・土木用にも商品を展開しています。


    自動車部品としては、

     ・エアクリーナー、エレメント、クーリングガイド、エアインレットダクトなどの「吸気系部品」
     ・HVACダクトなどの「空調部品」
     ・エンジンカバー、リザーブタンク、キャニスタードレンなどの「自動車用成形品」

    など、重要な製品を提供しています。

    今後もエコカー市場が広がるので、これらの部品のニーズは広がるとおもわれます。

    詳細に興味がある方はこちらをどうぞ

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。

    ホームページはこちらです。

    ジャパンベストレスキューシステム(株)


    株の買い時.com では12/15に押し目で買い時を検出。
    その後に小さな半円を描くように上昇 →下降し、サポートラインまで下がり、再度上昇して12/29にはアウトラインまで大きく上昇しています。

    大納会(今年最後の取引)時にこの銘柄を保有していた方は、年内最後に利益を獲得できたかと思います。

    ここで注目すべきは、12/15に押し目検出後、上昇してすぐに下降してしまった時の判断です。

    上昇後すぐ下がってしまったので、ガッカリした方も多いと思いますが、サポートラインと移動平均線は、株価の下支えになることが多いのです。
    なので、下がったからすぐダメということではなく、移動平均線から反転上昇することも考えられるので、様子を見ることが大事です。

    その移動平均線を下回っても反転せず、そのままズルズル下がっていくようであれば、損切りと判断しても良いと思います。

    <参考:移動平均線に関するQ&A>


    さて、ジャパンベストレスキューシステム(株)の企業情報です。


    ジャパンベストレスキューシステム(株)では、24時間体制の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開しています。

    鍵、水まわり、硝子、パソコンのトラブル解決サービスなど様々なトラブルに対応し、
    企業のコールセンター代行運営から出動までをサポートする「緊急出動付コールセンター」も展開しています。

    また、会員制のトラブルサービスも展開しています。

    とくに長期休暇前など、需要が増える時期なので、年末も需要が多くなるとともに、株価も上がる時期ですね。

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。
    本日の気になる企業は「アルパイン(株)(東証1部6816)」です。

    ホームページはこちらです。

    アルパイン(株)


    株の買い時.com では12/14に押し目で買い時を検出。
    短期の移動平均線あたりで数日間もみあったあとに、上昇に転じています。


    <移動平均線に関するQ&A>
    移動平均線は「下値のサポートライン」としての利用することができます。
    その移動平均線を下回っても反転せず、そのままズルズル下がっていくようであれば、損切りと判断しても良いと思います。



    さて、アルパイン(株)の企業情報ですが、
    アルプス電気傘下で、車載製品専業の会社です。

    車のアクセサリー販売店や、車ディーラーにいくと、必ずと言っていいほどアルパインの製品が陳列しています。

    このように小売店でも販売していますが、売上の柱は車メーカーのOEM品です。

    特にホンダやBMW等が多いようです。
    また、他のメーカーオプションでもアルパイン製品をつけることもできます。

    つまり、車業界とは切っても切り離せない会社となりますし、車メーカーの株価にも影響されると言っても良いと思います。

    株式投資情報を掲載しているサイトにのっている、株価が上がっている気になる会社を調べます。

    ホームページはこちらです。

    損保ジャパン


    株の買い時.com では12/11に押し目で買い時を検出。
    大きく株価が上がった翌日は利食い売りで株価がさがるも、また徐々に上昇に転じている銘柄です。

    トレンドラインの形をみると「三角持合い」の形にも見えます。

    このあと、抵抗線にかかるかどうか、かかった後に抵抗線をつけ抜けるかどうかが注目ポイントですね。


    さて、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株)の企業情報ですが、
    いわずもがな、日本の3メガ損保の一角ですね。

    2014年の9月に、損保ジャパンと日本興亜と合併して同会社になったことは、ニュースでも大きく報じられました。

    本社ビル42階には、有名な美術館も備えておりあります。

    2015年の10月には、居酒屋チェーン大手のワタミが経営していた介護株式会社を完全子会社化にするなど
    今後は介護事業も広めていくようです。

    ↓新会社名は「SOMPOケアネクスト株式会社」になりました。

    このページのトップヘ